クリームタイプの白髪染めで
根元の白髪だけキレイに染める方法

ヘンケル ビューティー テクニカルアドバイザー 人気ヘアスタイリスト 鶴谷 和俊

【少しでも多くの人の髪の毛の悩みを解決したい!!】という思いを掲げ、悩みに寄り添ったカラーリングのテクニック、ヘアケアやヘアアレンジ方法をわかりやすく解説する動画や情報を日々配信し、多くの女性に支持されている。現在Instagramのフォロワー数が11万を超え、C Channelの公式クリッパーやAmebaトップブロガーとしても活動中。

すこし前に染めたばかりなのに、目立ってきた根元の白髪。今回は、サイオス オレオクリームを使用して、根元の白髪のリタッチ方法を徹底解説。より美しく仕上げるコツもお伝えします。

カラーリングの準備

セルフカラーでサロンのような仕上がりを目指すなら、プロ用のハケを1本常備しておくことをおすすめします。ハケの使い方もレクチャーしますので、しっかりとおさえておきましょう。

  • 1.

    サイオス オレオクリーム リッチショコラ 4-Nを使用します。

  • 2.

    薬剤1剤2剤とハケ、手袋が入っています。セルフカラーされる方はプロ用のハケが1本あった方がいいと思います。

  • 3.

    今回は白髪率が多い方をモデルに根元だけ染める方法をお伝えします。

  • 4.

    専用のトレイに1剤と2剤を入れ、よくかき混ぜます。しっかり混ざりきっていない場合、染めムラになる可能性があります。

前頭部、左右の塗布

まずは、前頭部とサイドからスタート。白髪の場合は、“根元にたっぷり”塗布するのが重要です。塗り漏れのないよう、鏡でチェックしながらしっかり塗布していきましょう。

  • 5.

    顔周りはハケを寝かして、白い部分を中心に塗布していきます。

  • 6.

    顔周りに塗っていきます。ハケをねかして塗ると薬剤がたくさん根元に塗れます。

  • 7.

    耳前横を縦にカラーをしっかり根元に塗っていきます。縦を塗り終えたら横でチェックをして塗り漏れがないか見ましょう。

  • 8.

    白髪の場合は根元にたっぷりカラー剤を塗布しましょう。根元にはたっぷり塗らないと染まりムラができてしまいます。

後頭部の塗布

後頭部は、“白髪+1cm”を塗布していくのがポイント。1cmをオーバーし過ぎると、前回染められた部分に重なって、ムラになりがち。2度染めしてしまうのでダメージの原因にもつながるので注意しましょう。

  • 9.

    耳後ろと後頭部に塗布していきます。白髪より1cm オーバーくらいで塗るようにしましょう。

  • 10.

    1cmをオーバーしすぎると前回染めた場所は2回染めたことになりダメージの原因になったり染めムラになったりします。

仕上がりを綺麗にするテクニック

縦・横と両方でスライスをとって、塗り漏れがないか確認します。また、白髪染めの場合は、生え際や分け目の染まり具合が仕上がりを左右するので、入念にチェックしましょう。

  • 11.

    後ろと横の塗布ができたら必ず縦にとってチェックしましょう。

  • 12.

    生え際や分け目はペーパーを貼ると白髪がおさえれて顔まわりがしっかり染まります。

  • 13.

    20分放置してシャンプーします。

完成

シャンプー後、ドライヤーで乾かしたら完成です。クリームタイプの白髪染めは、気になる根元に定着しやすく、ぼかしたような染め上がりが理想的です。次はあなたの髪で実践してみてください。

  • 14.

    うまく染まった感じの仕上がりになりました。サイオス オレオ クリーム 4-Nは白髪率が30%以上の方はぼかして染めるイメージ。参考にしてくださいね!

オレオクリーム

グロッシーに輝く美しい髪色へ

詳細を見る

サイオス商品は、
こちらのECサイトで購⼊いただけます。