syoss Color Genic syoss syoss

オンラインショップ

サイオス商品は、
こちらのECサイトで購⼊いただけます。

閉じる

セルフカラーリングトピック

762views

気になる白髪の悩みをおうちで解決!
「サイオス オレオクリーム」で、
しっかりセルフカラーリング

エディター・ライター 神代裕子(くましろひろこ)
佐藤友美ビューティーライター講座0期生。福岡市在住。美容好きが高じて、一時期は年間100万円近くをつぎ込むも、アラフォーになるとともに、美容迷子に。得意分野は女性実用、ビジネス、暮らしのお金関連。書籍の企画・ライティングにも携わる。

アラフォーになると、多くの方が直面する白髪の問題。「美容院のカラーリングって高すぎ! 続けられない……」「明るい髪色が好きなのに、美容院でいつも黒い白髪染めを勧められてしまう」「フルタイムで働いているから、美容院に染めに行く時間が取れない」。そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。実はこのお悩み、おうちでセルフカラーリングをすれば、解決できるんです。
今回は、しっかり白髪を染めたい方にぴったりの「サイオス オレオクリーム」を紹介します。

美容院とは比べ物にならないコスパのよさのヘアカラー剤。慣れれば簡単!

セルフカラーリングには、トリートメントしながら白髪をカバーできるカラートリートメント、気になる部分だけをカバーするヘアマスカラ、しっかり染めるヘアカラー剤などのタイプがあります。
「黒髪は傷めたくないけれど、白髪はカバーしたい」という方はカラートリートメント。 「1〜2本の白髪を見つけることがある」という方はヘアマスカラ。
そして、しっかり染めたいけれど「この先ずっと美容院で染める時間と費用を考えると負担が大きい」といった方にはヘアカラー剤がオススメです。

特に、ヘアカラー剤は髪全体を染めるので使い方が難しそうに感じますが、最近のものは不器用な人でもキレイに染められるように進化しています。慣れれば準備から完了まで1時間もかかりません。好きな色を選べるのもヘアカラー剤のいいところです。
価格も、1000円前後とリーズナブルなものが多いので、毎月美容院で数千円を支払うことを考えると、その差は歴然ですね。

「白髪が結構気になる」という方におすすめなのはこちら

「サイオス オレオクリーム」は、オイルを配合し、ぜいたくなツヤのある髪色を実現したクリームタイプの白髪染めです。しっかり白髪を染めたい方に向いています。

特に40~50代は、白髪だけでなく「髪ツヤがなくなった」「パサつく」など、さまざまな髪の悩みを抱えている世代。毛髪保護成分のピュアオイルをたっぷり配合した「オレオクリーム」なら、白髪も黒髪もムラなく染め上げながら、艶めくリッチな質感の仕上がりを実現します。髪の見た目年齢に大きく影響する“ツヤ感”を与えることで、エイジレスな「ツヤ髪」を叶えてくれます。
「オレオクリーム」は2剤式のクリームタイプ。残った分は取り置きもできるので、髪全体を染める時だけでなく、伸びてきた根元の白髪をリタッチする際にも使えます。さらに経済的ですね。
使い方も簡単なので、「とにかく不器用」「まったくやったことがない」といった方でも大丈夫。コツをつかめばおうちで簡単に染められます。

「サンキュ!アンバサダー」に聞く、“おうちで白髪カバー”習慣

おうちで「サイオス オレオクリーム」を愛用している、「サンキュ!」読者モデルのカオリさん(東京都45歳)に、使い勝手などについてお話を伺いました。

私は、週5日パートで働くシングルマザーです。だから、美容院に行く時間を作るのが大変。
「サイオス オレオクリーム」なら、準備から流すまで、60分程度で終わります。思い立った時におうちで染められますから、本当にありがたいんですよね。
根元の白髪が伸びてきて目立つので、2カ月に1回は染めています。家で染めると、白髪染めにかかる金額はサロンの3分の1くらいになるのも助かっています。色はココアブラウンを使っていますが、黒髪までツヤが出るのでお気に入りです。

サイオス オレオクリームの色展開はピンクからアッシュまで、全13色。いろいろな色を楽しめるのもうれしいですね。
時間の面でもコストの面でも大きなメリットが出る、おうちでのセルフカラーリング。家事に仕事に子育てにと忙しくても、きれいをキープしたい方にはおすすめです。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

本記事は2020年1月号サンキュ!雑誌に掲載された記事をもとにライターが新規に編集したものです。
※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

オンラインショップ

サイオス商品は、
こちらのECサイトで購⼊いただけます。